スイッチオンラインが本サービス開始!家の外でも対戦や協力プレイを楽しむには?

2018年9月19日(水)から、これまで無料体験できていたニンテンドースイッチオンラインが有料化し、本格的なサービスが始まります。

  • 本サービスの始まったスイッチオンラインで何ができるのか?
  • 本サービスの申込前にやっておくべき設定
  • 家の外でもスイッチオンラインを遊び尽くす方法

この記事では上記の内容をご紹介したいと思います。

 

スイッチオンラインで何ができるのか

スイッチオンラインの有料化、本サービスがスタートすることによってこれまで以上にニンテンドースイッチを楽しむことができるようになりました。

公式のYouTubeでも公開されていますが、詳しくご紹介しましょう。

 

オンラインプレイ

これまでのスプラトゥーン2、マリオカート8 デラックスなどに加えて、今後発売される大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALFORTNIT(フォートナイト)といったソフトでもインターネットでつながっていれば家族や友達はもちろん世界中のプレーヤーと対戦、協力プレイが楽しめるのがニンテンドースイッチの大きな特徴の一つです。

 

ファミコンソフト

スイッチオンラインに加入することによってファミコンゲームがスイッチで楽しむことができます。タイトルはサービス開始時は20本で今後も定期的に追加されるようです。任天堂の公式ページによるとインターネットに接続していなくても、メニュー画面からタイトルを選ぶことができるとありますので、一度まとめてダウンロードしてアップデートする際にタイトルは追加更新されるものと思います。ファミコンのソフトならほとんどが1本1MB(0.01GB)ぐらいの容量ですから、100本ダウンロードしたとしても0.1GBしかデータ量がありませんからSDカードの追加用意などの負担もなさそうですね。

9月(サービス開始時)のラインナップ

  1. アイスクライマー
  2. アイスホッケー
  3. エキサイトバイク
  4. グラディウス
  5. サッカー
  6. スーパーマリオブラザーズ
  7. スーパーマリオブラザーズ3
  8. ゼルダの伝説
  9. ダウンタウン熱血物語
  10. ダブルドラゴン
  11. テクモボール
  12. テニス
  13. ドクターマリオ
  14. ドンキーコング
  15. バルーンファイト
  16. プロレス
  17. ベースボール
  18. 魔界村
  19. マリオブラザーズ
  20. ヨッシーのたまご

さらにはJoyコンを分けて2人プレイをしたり、インターネットに接続してネット対戦や協力プレイをすることも可能です。

スイッチオンラインのファミコンは懐かしいだけではなく当時よりも楽しみの幅が広がっています。

 

セーブデータお預かり

全てのゲームが対応しているわけではないようですが、これまで本体内にしか保存できず、SDカードへのバックアップも取れなったゲームのセーブデータがインターネットを通して自動的に保存されます。これで万が一の故障でスイッチを新品交換や再購入するような場合でもセーブデータを引き継ぐことができるようになります。

 

スマホアプリの利用

iPhoneやスマホにアプリを入れることによってアカウントと連動することができ、ボイスチャットやゲームの記録や情報収集を拡大することができます。

 

本サービス申込み前にやっておくべきこと

先日、『Nintendo Switchでご利用の「ユーザー」と「ニンテンドーアカウント」の連携をお確かめください』というタイトルでニンテンドーからメールが届いていました。内容は以下の通りです。

2018年9月19日(水)の午前9時に実施するニンテンドーeショップのメンテナンス以降、Nintendo Switch本体の「ユーザー」に連携したニンテンドーアカウントが解除できなくなります。

念のため、ag1000r様のニンテンドーアカウントがNintendo Switchで実際にご利用の「ユーザー」に連携されているかどうかお確かめください。

【よくある例】
・お子様が利用される「ユーザー」に、保護者のニンテンドーアカウントが連携されている

我が家には子どもが二人いるのですが、私のアカウントと妻のアカウントを作成し、子供たちにそれぞれ使用させていました。本サービス開始後は連携の解除ができなくなるということで、これを機会に子どもアカウントを作成してスイッチ側のユーザーと連携させました。アカウントの連携を解除してもセーブデータは消えません。

子どもアカウントの作り方は以前の記事でご紹介していますので参照してください。

しかし、子どもアカウントに切り替えたことによってトラブルが発生。

なんと!子どもアカウントではスイッチオンラインのスマホアプリにログインできないようになっているのです。

子供たちはスプラトゥーン2をプレイしていてゲーム記録やアプリ専用のアイテムを手に入れたりしています。この連携を解除してしまうとこういったサービスが使えなくなるので、リスクを承知の上でユーザー、アカウントの連携はそのままにしておきました。

そして、本サービス開始前にやるべきだったのは別々になっているアカウントを『ファミリー』としてグループ化しておくことです。

本サービスの料金プランには『ファミリープラン』というものがあって、個人プランで12ヶ月が2,400円(税込み)なのに対してファミリープランは8アカウントまで使用できて4,500円(税込み)なのでお得です。このファミリープランでアカウントを使用するためには別々にしていたアカウントをファミリーとしてひとまとめにしておく必要があります。

 

別アカウントをファミリーに入れる方法

まずはhttps://accounts.nintendo.com/にアクセスして、トップメニューの『ファミリー』に入り、『メンバーを追加する』に進みます。

 

次に『ファミリーに招待する』へ進んでメールを送信します。

 

招待された側はメールの中にあるリンクへ進みます。

 

ログインして『ファミリーに入る』を押せば完了です。

 

スイッチオンラインを家の外でも利用するには?

ニンテンドースイッチは携帯ゲームとして家の外へ持って出かけてもゲームを楽しむことができるのが特徴の一つですが、WiFiか有線LANケーブルでしかインターネット接続をすることができないので家の外に持って出かけた場合、インターネットを使った対戦や協力プレイをできる場所は限られています。

以前、子供たちが「友達の家に集まってスプラトゥーン2の対戦をする」といって出かけましたが、その家のWiFi設定がわからず結局家に戻ってきて対戦をするというなんだか寂しい出来事もありました。いくらインターネット対戦ができるからといっても、たまには友達が目の前にいるところでゲームをしたいですよね。

また、スプラトゥーン2は定期的にゲーム内イベントが開催されていますので出張や旅行先でもオンラインプレイがしたいという人も多いでしょう。

家の外へ持って出られてスイッチオンラインにWiFi接続する手段としては『iPhoneやスマホのテザリング』『モバイルルーター』があります。

どちらでもゲームはスムーズに動きますが、子供が出かけるときに自分のスマホやiPhoneをホイっと預けられる人は少ないでしょう。また、ゲーム自体は大して通信量を使いませんが、ゲームアップデートをしたりするとデータ通信量は大きくなってしまいますので月末にスマホの通信制限を受けてしまう可能性もあります。

なので、おすすめは『モバイルルーター』です。

 

WiMAXのモバイルルーターなら月々のデータ量に上限はありませんし、料金も月々3,000円程度なので1日換算すれば100円ほどです。一度スイッチオンラインを設定してしまえば、持って歩けるわけですから、面倒な設定も必要ありません。

モバイルルーターはたくさんあって、どれを選んでよいのか迷いますので下記記事にポイントをまとめています。ぜひ参考にしてみて下さい。

 

以上、スイッチオンラインのサービスを100%遊び尽くせるようにしっかりと準備をしておきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です