Android スマホの位置情報偽装 GPS アプリで情報を変更する方法

様々な理由でGPSによる位置情報を偽装したいと考える人もいるでしょう。

もし、それがAndroidのスマホやタブレットなら位置情報偽装はアプリをインストールして、設定するだけなので簡単にできてしまいます。

それではさっそくご紹介することにしましょう。

 

Androidの位置情報偽装アプリ Fake GPS location

今回ご紹介する『Fake GPS location』という位置情報偽装アプリは簡単にAndroidのGPS 位置情報偽装できてしまいます。

ポケモンGOといったゲームやそのほかGPS位置情報を利用したアプリ上の位置情報も偽装できてしまいますが、利用規約をご確認の上、自己責任で利用してください。

※当サイトの情報によって発生したいかなるトラブルにおいても一切責任を負うことはできません。

 

それでは『Fake GPS location』アプリをAndroidスマホやタブレットにインストールしてみましょう。

Fake GPS location
Price: Free

 

インストールしたアプリを開くと、英語なので少しひるみますが、「OPEN SETTINGS」を押して進みましょう。

 

設定の「開発者向けオプション」が立ち上がりますので、その項目の中の疑似ロケーション許可をタップしてチェックを入れます。

 

「設定」から「開発者向けオプション」を開いても同じ設定ができます。

 

『Fake GPS location』へ戻ってみましょう。

赤色のピンマークと黄色いキャラクターが表示されます。

 

画面をスクロールさせてGPS情報を置きたい場所にピンマーク(画面中央)を動かします。

 

右下の「再生マーク」をタップすれば指定した位置にGPS情報が偽装されます。

 

Google Mapで確認するとちゃんと位置情報が偽装されています。

 

元に戻す時は左下の一時停止ボタンをタップします。

 

位置情報偽装アプリ まとめ

どうだったでしょうか?拍子抜けするほど簡単だったのではないでしょうか?。

この手のアプリはなかなか消せないものもありますが、このアプリは普通にアンインストールできますので安心です。

みなさん、ぜひ使ってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です