iPhoneで動画保存できるダウンロードアプリ3つご紹介!

様々なサイトで動画を後で見ようと思っていた動画があったのに削除されてしまったり、外出先で電波が悪くて動画をスムーズに再生できないなんてことはよくありますよね?

そんな時でもiPhoneに動画を保存しておければ、オフラインの時でも動画を見ることができます。

データ通信量を節約する為にもiPhoneで動画を保存できるアプリをいれておけば何かと便利なことは多いです。

今回ご紹介するiPhone用の動画ダウンロードアプリをインストールしておけば、見たい動画を本体に保存しておいて、後でいつでもゆっくりと楽しむことができます。iPhoneで使える便利でしかも無料の動画保存アプリを3つをご紹介したいと思います。

 

動画保存アプリその1 Data Clip(データクリップ)

Data Clip(データクリップ)はiTunesの無料アプリランキングでもよく上位にランクインしているアプリなので知っている人も多いのではないでしょうか?動画以外にも画像、音楽をダウンロードすることもできるアプリです。

データの管理画面が色とりどりなのでぱっと見で判別しやすく、フォルダ分けも簡単で見やすくできます。さらに、カメラロールへデータを保存することもできます。

また、ちょっと面白い機能として、フェイクパスワードというものがあります。メインパスワードとフェイクパスワードを決めておけば、メインパスワードでアプリを開いた場合は全データ表示、フェイクパスワードで開いた場合は設定しておいた動画や写真だけを表示することができます。

 

動画保存アプリその2 動画クリップ再生-動画保存アプリ

『動画クリップ再生-動画保存アプリ』はもうちょっとタイトルを何とかしてほしかったアプリですw このアプリは動画をダウンロードするだけのとってもシンプルなアプリです。たくさんの機能は使いにくいから逆に不便と感じる人にはおすすめのアプリです。

スクリーンショットをみても分かると思いますが、ダウンロードした動画データのプレイリストやパスワード設定画面も非常にシンプルにできており、スマホ初心者でも操作しやすいと思います。

簡単でシンプルな画面や操作性ながらも、先ほどあげたパスワードロック機能やバックグラウンド再生機能など、使用する上で必要、便利な機能は一通り揃っています。

 

動画保存アプリその3 動画 ブラウザ – 動画保存再生アプリ

『ブラウザ – 動画保存再生アプリ』はもうちょっと名前を・・・w このアプリは動画保存アプリにブラウザの機能を持たせたアプリです。つまりブラウザで探しに行って、そのまま見つけた動画をダウンロードすることができるアプリです。

普通のブラウザと同じようにブックマーク機能やキャッシュ、Cookie機能がついているので、素早くサイトへアクセスしたり、ログインやパスワード入力がスムーズです。

ダウンロードできるファイル形式や保存できる動画サイトは他のアプリに比べるとちょっと少ないのですが、ブラウザで動画を探しに行ってそのままスムーズにダウンロードしたい人にはおすすめのアプリです。

 

iPhoneで動画保存できるダウンロードアプリ まとめ

今回ご紹介したアプリで事前に動画をダウンロードしておけば電波のないオフラインでも動画を再生して楽しむことができます。

最近は飛行機でもWiFiにつなげてインターネットを楽しめるようにはなってきましたが、国際便ではまだまだです。今回ご紹介したアプリで動画をダウンロードしておけばそういった電波の使えない状況でも動画を楽しむことができますよね?

今回ご紹介したアプリで動画をダウンロードすれば、ストリーミングで動画を見るよりも大幅な通信量削減になります。しかし、動画は基本的に容量が大きいものばかりなので、モバイルデータ通信(3G 4G LTE 5G)でダウンロードするよりも、Wi-Fiでのダウンロードをオススメします。

2012年10月から、有料で販売・配信されている音楽や映像を、著作権者に無断で、違法だと知りながらダウンロードすることは刑罰の対象になっています。くれぐれも違法にアップロードされた動画をダウンロードしてトラブルに巻き込まれないように気をつけましょう。この点においては皆さんの自己責任でアプリを活用してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です